写真散歩と、出会い

e0150155_2162639.jpg


僕は、写真を撮りに出かけるときは一人で行きます。
場所は様々ですが、撮影中に見知らぬ人から声をかけられることがしばしばあります。
たわいのない会話を2,3交わしてそれっきりですが
都会のど真ん中でこういう出会いがあるのは、なんだか新鮮です。

あと、カメラマンを頼まれることもよくあります。
声をかけられ「すみません、撮ってください」とカメラを差し出される、アレです。
こないだは、1時間に3回もやりました。
「あなたのカメラで、代わりに写真撮ります/1回50円」というプラカードを出していれば
撮影場所への交通費くらい稼げるんじゃないかと思うほどです。
この手のお願いで一番困るのは、相手がどのような構図を好むのか解らないということです。
人物はアップなのか、引きなのか、
配置は、日の丸構図でいいのか、きちんと分割を意識したものがいいのか、
テーマは人物なのか、背景なのか、、、
はっきり言って、こんなことをクドクド聞いてたら「もういい、別の人に頼みます」って言われるでしょう。
だから、いろいろ掻い摘んだ、無難な構図を心がけます。
結構、神経を使ってしまいます。何枚も撮るわけもいかないし。。。

今日の写真は、なんだか不思議な植物で「雪餅草(ユキモチソウ)」といいます。
まるで餅を乗せたような風貌で、プニプニしてそうです(僕は触ってないですが、実際プニプニだそうです)
これは、神代植物公園の警備員の人が、
「ちょっと、ニイちゃん、面白いものがあるよ」と、場所を教えてくれたものです。
なぜ警備員の人がわざわざ教えてくれたのかは謎ですが、
面白い植物と巡り合わせてくれたので、感謝しています。



にほんブログ村 写真ブログへ
↑↑ ポチッとお願いします^^

[PR]


by inokumaphoto | 2010-05-28 21:08 | 風景


<< 偶然、必然、太陽 百篇の花と言葉達 026 - ... >>