燦燦散歩・多摩川2 - 耳を澄ませば思い出の音
多摩川は今、ユキヤナギが満開ですが、それに負けじと他の草木も元気です。
ふと目にとまったのが、ユキヤナギの木の間に生えていたぺんぺん草(ナズナ)でした


e0150155_16554492.jpg



この草を見ると、昔よくぺんぺん草を鳴らして遊んだのを思い出します。
ぺんぺん草は、三角の果実の部分を下に引いてクルクル回すと、ペシペシと鳴るのです。

長年、ぺんぺん草はペンペン鳴るからぺんぺん草だと思っていたんですが、
よく調べていくと、実は三角の果実が三味線のバチに似ていて、
三味線を弾く音がペンペンなので「ぺんぺん草」
だというのです。
まったく紛らわしい。それならば「三味線草」でいいじゃないか、とも思いますが
やっぱり昔の人は、それじゃ味気ないと思って「ぺんぺん草」にしたのでしょう。

いずれにせよ、「ぺんぺん草」という名前は親しみやすく、
僕の記憶に、ペシペシという音と共に強く残っています。


e0150155_1656169.jpg



e0150155_1656569.jpg



e0150155_16562177.jpg


[PR]


by inokumaphoto | 2009-04-02 16:59 | 木・花


<< 燦燦散歩・多摩川3 - つくし... 燦燦散歩・多摩川1 - 春を彩... >>