<   2009年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


デジカメ写真の保管(バックアップ)について - フラッシュメモリ編

e0150155_2023036.jpg



3日連続でお送りしている、デジカメ写真の保管(バックアップ)について。最終回の今日は、フラッシュメモリについてです。

※以下の内容は、僕の考えに基づくことなので、正しいという保証はありません。
この記事に書かれた価格は2009年3月現在のものです。
店によっても時期によっても変動するので、あくまで参考程度と解釈してください。


フラッシュメモリとは、データの消去や書き込みを自由に行なうことができ、電源を切っても内容が消えない半導体メモリの一種です。
デジカメに使われるメモリーカード(SDカード、メモリースティック、コンパクトフラッシュ、xDピクチャーカードなど)、USBメモリなどが該当します。最近はSSD(Solid State Drive)というHDDと同じように運用できる大容量タイプも登場しました。


長所
・小型・軽量
・データのアクセス速度が速い
・衝撃に強く、物理的故障が少ない

短所
・容量あたりの価格が高く、大容量のものが少ない
・書き込み回数に限界がある


各ディスクのスペックなどは以下の通りです。(様々な種類があり、それぞれ用途が違うので、この少ないデータではあまり役に立たないかも)

USBメモリ4GB

(1) 4GB
(2) 1200円~
(3) 約0.6円
(4) 約2000枚



SDHCカード4GB

(1) 4GB
(2) 2600円~
(3) 約1.3円
(4) 約2000枚



SSD 128GB

(1) 128GB
(2) 20000円~
(3) 約0.31円
(4) 約64000枚



(1):容量
(2):価格(USBメモリ、SDHCカードはヨドバシ、SSDは秋葉原での価格)
(3):写真一枚保管するのにかかる金額(写真一枚 2MB として計算しています)
(4):保管できる写真の枚数(写真一枚 2MB として計算しています)


■容量と価格について
フラッシュメモリは光ディスクやHDDと比べると、容量あたりの価格は高くなります。また、メモリーカードやUSBメモリでは大容量のものでも、せいぜい16GB、32GBです。
そのため、フラッシュメモリはデータを一時的に保管し、パソコンのHDDなどにデータを移して初期化するという運用方法が一般的です。
ただし、近年フラッシュメモリの大容量、低価格化がめまぐるしく進んでおり、これらの常識は数年後に覆っているかもしれません。…とはいえメモリーカードの用途自体は変わらないでしょうが。

■新勢力SSD
SSDとは、HDDのように大容量タイプのフラッシュメモリです。流通が本格的に始まったのが去年くらいだったと思います。
発売当時は非常に高価だったのですが、段々値段が手頃になり、徐々に普及している感じです。
このSSDはHDDの最大の欠点である物理的故障をしにくいという長所があります。このまま価格が下がれば、まさにHDDのいいとこ取りで一気に普及するだろうと思います。

■フラッシュメモリの寿命
フラッシュメモリにも残念ながら寿命はあります。一定回数を書き込むと、その部分にアクセスできなくなってしまうのです。ただし、その書き込み回数は技術の進歩により改善されつつあり、耐久性のあるものは数万~数百万回の書き換えができるようです。
例えば百万回書き換えができるものであれば、1日1回書き換えたとすると2700年くらいもつ計算になります。写真を保管する目的で使用するならば、まず問題はないでしょう。



まとめ
この3日間、写真の保管について書きましたが、データ消失のリスクがもっとも少ないのはフラッシュメモリでしょう。
現在は、価格・容量共に光ディスク・HDDに分がありますが、今後、フラッシュメモリの値段が下がり続ければ、フラッシュメモリタイプがストレージの主流になると思います。
遅かれ早かれ、光ディスクやHDDなど、ディスクが回転してデータを読み書きするものは、時代遅れになっていくでしょう。

フラッシュメモリが成熟するのはまだ先でしょうが、そういう時代が来た時に、いつでも次世代の記憶装置にデータを移せるよう、ファイルの管理をしっかりしておくことが重要です。
僕は、現在は光ディスクとHDDを併用して今を乗り切り、いつかフラッシュメモリに乗り換えようと考えています。

人それぞれ、やり方はあると思いますが、どんなに高い機器を購入しても必ずリスクは存在します。結局は撮った写真をどれだけ大切にできるか、機器よりもその管理方法が最も重要なのだと、この記事を書いていて改めて考えさせられました。


[PR]


by inokumaphoto | 2009-03-31 20:26 | カメラ
デジカメ写真の保管(バックアップ)について - ハードディスク編

e0150155_2143127.jpg




昨日に引き続き、データの保管方法について考えたことを書きます。

※以下の内容は、僕の考えに基づくことなので、正しいという保証はありません。
この記事に書かれた価格は2009年3月現在のものです。
店によっても時期によっても変動するので、あくまで参考程度と解釈してください。

1.光ディスク
2.ハードディスクドライブ(HDD)
3.フラッシュメモリ

この記事では、2のハードディスクドライブ(以下HDD)を取り上げます。

HDDとは、高容量で、高速アクセスが可能な記憶装置で、現在ほとんどのパソコンの記憶装置として使用されています。
仕組みとしては、磁気を帯びた円盤を回転させて、その上に磁気アームを移動させてデータの読み書きを行います。
パソコンがデータを読み書きしているとき「カリカリ」という音が聞こえますが、それはHDDの磁気アームが動く音です。

HDDは主に内蔵型と外付型に分類されます。
内蔵型は、パソコンのケースを開けて直接取り付けないといけません。知識が必要で、メーカーが販売しているパソコンでは取り付けができない場合も少なくありません。
外付型は、USB等で接続を行います。USBを差すだけでそのまま使用できるものも多いので、内蔵型と比べると手軽ですが、値段は外付け型よりも高くなります。
また、外付型はネットワーク機能や、ハード的なバックアップ機構を持つものも市販されています。

長所
・他の記憶装置と比べて大容量なものが多い
・容量あたりの値段が手頃
・アクセスが高速

短所
・長時間使用により、部品が劣化しデータが読めなくなる可能性がある
・強い衝撃を受けると、円盤とヘッドが衝突してデータが読めなくなる可能性がある

内蔵型500GB

(1) 5500円
(2) 0.022円
(3) 25万枚



内蔵型1TB(1000GB)

(1) 8000円
(2) 0.016円
(3) 50万枚



外付型500GB

(1) 8000円~
(2) 0.032円
(3) 25万枚



外付型1TB(1000GB)

(1) 12000円~
(2) 0.024円
(3) 50万枚



(1):価格(内蔵型:秋葉原、外付型:ヨドバシでのデータを参考にしています)
(2):写真一枚保管するのにかかる金額(写真一枚 2MB として計算しています)
(3):ディスク一枚に保管できる写真の枚数(写真一枚 2MB として計算しています)


■価格と容量
HDDのアドバンテージは、低価格・高容量であることです。最近普及しはじめた1TB(1TB=1000GB)のHDDは、写真を約50万枚保存することができる大容量です。
50万枚撮るには、1ヶ月に1000枚撮ったとしても、一杯まで40年以上かかる計算です。これ1台を買えば、容量の心配はないでしょう。
現在、容量あたりの価格が最も安いのは1TBのHDDです。しかし、このデータは1ヶ月後には変わっているかもしれません。もしもHDDの購入を考えている場合は価格.comなどで値段を1GBあたりの価格をチェックするとよいでしょう。

■HDD最大のデメリット
HDDの最大のデメリット、それは故障です。
これはドライブの品質や使用する環境に左右されますが、HDDの構造上いつか壊れる日がやってきます。
それが明日なのか、はたまた10年後なのかは運次第、とも言えるでしょう。(S.M.A.R.T.という寿命の訪れをある程度把握する為の機能もある)

このデータの突然死は、データ記憶装置としては致命的です。パソコンを使用する人にとって、データは財産であり、それを失った場合の物理的、精神的ダメージは計りしれません。

■バックアップによる弱点の克服
上記の欠点を克服するため、HDDの運用にはバックアップが欠かせません。
バックアップとは、複数の記憶装置にデータをコピーし、あるデータが読み込みできなくなっても、別のコピーから復元できるようにしておくことです。
バックアップをしっかりとしておけば、HDDがダメになっても、データを復元できます。

バックアップは、いつかやろう、いつかやろうと思って先延ばししているとなかなかできないものです。そんなことをしている内にHDDは無情にも壊れてしまうかもしれません。
そこで僕のお薦めは、撮影を行って家に帰り、パソコンに写真を転送した直後にバックアップを行うことです。
撮った写真を見るより先に、バックアップ。そうすれば、バックアップ漏れはなくなります。

ちなみに僕は、写真データをメインのパソコンと外付けHDDに保存するようにしています。そしてその外付けHDDは、バックアップを行うときだけ電源を入れるようにしています。
そうすることでHDDの稼働時間を減らせ、さらに外部からのアクセスを遮断し、ウイルスなどのソフト的心配も軽減できるのです。

■光ディスクとHDDの比較
光ディスクとHDD、容量あたりの価格の数字は意外にも大差はありません。(ただし、光ディスクを目一杯書き込むことは稀なので、実際にはHDDに分があると言えます)
そして、どちらも寿命があり、保管は万全とは言えません。

結局は、いかに確実にバックアップをとり、こまめにケアをするか、それがデータの保管に一番大切なことだと思います。それさえしっかりすれば、どの記憶装置、メディアを選択しても大丈夫でしょう。自分が使いやすいと思うものを選択すればいいと思います。


「データ保管について」最終回の明日は、これからが期待されるフラッシュメモリタイプについてです。

[PR]


by inokumaphoto | 2009-03-30 21:51 | カメラ
デジカメ写真の保管(バックアップ)について - 光ディスク編

e0150155_2343068.jpg




最近、僕のパソコンの写真を管理するハードディスクが一杯になりつつあります。その流れで、今日はデジカメユーザー誰もが悩むであろう、写真の保管方法について考えたことを書いてみようと思います。

※以下の内容は、僕の考えに基づくことなので、正しいという保証はありません。
この記事に書かれた価格は2009年3月現在のものです。
店によっても時期によっても変動するので、あくまで参考程度と解釈してください。

写真データを保管する方法として、一般に次の3種類が挙げられます。

1.光ディスク
2.ハードディスク(HDD)
3.フラッシュメモリ

この記事では、1の光ディスクを取り上げます。(2,3については、明日、明後日の記事で)

光ディスクとは、CDやDVDなどレーザー光を用いてデータの読み込み(種類によっては書き込みも)を行うメディアを指します。最近、新しくBlu-ray Disc(BD)が仲間に加わりました。
データを書き込めるのは名前に"R"が付くタイプで、CR-R、DVD-R、BD-Rなどです。これらには書き込みをした後に消せるタイプもありますが、寿命が短いという欠点があり、保管には向かないのでここでは割愛します。


長所
・容量あたりの値段が手頃
・ディスクが薄いので、保管に場所を取らない
・家電量販店などで簡単に手に入る

短所
・書き込みに時間がかかる
・時間が経つと、データが読み込めなくなる可能性がある


各ディスクのスペックなどは以下の通りです。

CD-R

(1) 700MB
(2) 30~40円
(3) 約0.08円
(4) 約350枚



DVD-R

(1) 4.7GB(片面一層)
(2) 40~50円
(3) 約0.02円
(4) 約2350枚



BD-R

(1) 25GB(片面一層)
(2) 200~400円
(3) 約0.03円
(4) 約12500枚



*データの意味*
(1):一般的なディスクの容量
(2):ディスク1枚あたりの価格(50枚まとめ買いした場合の数字です。ヨドバシカメラでの価格を参考にしています)
(3):写真1枚保管するのにかかる金額(写真1枚 2MB として計算しています)
(4):ディスク1枚に保管できる写真の枚数(写真1枚 2MB として計算しています)


■光ディスクは寿命がある
光ディスクを使用してデータを保管するに当たって最も注意するべきところは、「光ディスクの寿命」です。ディスクは素材の劣化などで、いつか読めなくなる日が来ます。通常、涼しい暗所に保管すれば10~30年くらいは持つといわれています。
ただし、これはディスクの品質にも左右されるので、それよりも早くダメになることもあれば、100年くらい持つこともあるそうです。

この「光ディスクの寿命」は、あまり一般的に知られていない気がします。知られていないその要因の一つに、ほとんどのディスクが寿命をまだ迎えていないことが挙げられます。一般的な書き込み可能光ディスクで一番古い規格であるCD-Rでも本格的に普及が始まって、まだ10年くらいなのです。
だからこの先10年、20年した頃、データが読めなくなる被害が増えるのではないかと考えています。

このデータ損失を防ぐには、定期的に新しいディスクに書き換えることです。5年に1回の頻度で書き換えていけば、寿命の心配は軽減されます。
しかし、それでも完璧ではありません。どうしても大切なデータであれば、ハードディスクにもバックアップを取る等の保険も必要かと思います。

■値段について
上記データを見ると、写真1枚あたりの価格はものすごい安いです。
現在はDVD-Rが、容量あたりの金額が一番安く、CD-Rが一番高い結果になっています。BD-RはDVD-Rより若干高めですが、今後普及するにつれて価格は下がるはずです。逆にCR-R、DVD-Rは、もう成熟しきっているので、今後価格が極端に下がる可能性は低いと言えます。恐らく近い将来、BD-RとDVD-Rの値段順位は入れ替わるでしょう。

■どの種類を選べばいいか
現在の値段から見れば、DVD-Rがもっともお買い得です。
しかし、CD-RやBD-Rを選ぶ価値がないかといえば、そうではないと思います。
例えば、1回の撮影でいつも700MBに収まる、という人は撮影毎にCD-Rに納めていけば、管理がしやすくなるでしょう。
DVD-Rは、毎回の撮影が700MBを確実に超える人に向きます。もちろん、700MB以下が多い人でも、DVD-Rに数回分まとめて書き込むのもいいと思います。
BD-Rの高容量であれば、2009年用、2010年用など、1年に一度という保管スタイルも可能だと思います。

つまり、自分自身が普段どれくらい写真を撮るか、そのスタイルを見極めて、それに合った種類のディスクを選ぶのがベストだと思います。常に決まった方法で保管するようにすれば、写真を整理する際に有利になるでしょう。



明日はハードディスクへの保管について書きます。

[PR]


by inokumaphoto | 2009-03-29 20:31 | カメラ
不敵

e0150155_23251684.jpg


なんだか、「フハハハハ」という笑い声が聞こえそう。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-03-28 23:27 | 特殊加工
次のステップへ・・・

e0150155_172569.jpg


わたくし事なのですが、
ここ2年ほど個人で、とあるパソコンソフトの開発をやっておりました。
それが、先日ようやく完成と言える形になりました。
一つのことに、これほど真剣に取り組んだことはなかったので、非常にいい経験をしたと思っています。

とはいえ、まだまだやることは沢山あるし、気を抜けないのだけど。。
とりあえず、第1ラウンドが終わり、次の第2ラウンドに向けて出発って感じです。


この写真は、そんな自分に送るエールみたいなものです。
この色は偶然出たものですが、現時点で今年一番のお気に入り写真です。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-03-27 17:06 | 特殊加工
慟哭

e0150155_22311944.jpg


[PR]


by inokumaphoto | 2009-03-26 22:32 | 特殊加工
タンポポの花

e0150155_1959347.jpg


どこにでも咲いてしまう花、タンポポ。
でも、最近あまり見かけないかな。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-03-25 20:04 | 木・花
クリスマスローズの花

e0150155_2024434.jpg



e0150155_20245077.jpg


以前にも紹介したクリスマスローズ。
今が見頃です。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-03-24 20:24 | 木・花
クロッカスの花

e0150155_22433059.jpg



e0150155_2243409.jpg


ここ最近、ちょっと忙しくてブログに力を入れられない日々が続いています。。
少しの間、簡易更新モードでやろうと思っています。
(タイトルもストレートですが、たまにはこういうのもいいかな。。。)
[PR]


by inokumaphoto | 2009-03-23 22:46 | 木・花
一斉に、挙手

e0150155_22125046.jpg



たまにはモノクロ写真で。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-03-22 22:16 | 木・花