タグ:コロポックルの視点 ( 12 ) タグの人気記事


コロポックルの視点 12 - トゲトゲ草が身を潜める草むら

e0150155_23583356.jpg



先日、多摩川の河川敷に行ったときのこと。
散策しながら草むらを歩いていたら、
ズボンや靴に、トゲトゲが沢山刺さっていました。

どうやら犯人はこいつのようです。
ビックリしたのは、ただ刺さるだけでなく、
刺さった後トゲトゲが絡みつき
軽く引いただけでは抜けないのです。
その高性能さに驚きました。

動物の毛にひっついて、種を遠くに運ぶ知恵なのでしょうが
このトゲができあがるのに、恐らく何千、何万年と時間をかけて進化したのでしょう。
くっつきが悪い種は淘汰され、より性能の良いトゲを持った種が生き残るのです。

自然界にあるあらゆるものが(もちろん人間も含む)、
長い長い年月をかけて作られた結晶です。
いつか、それらを壊さず、共存していける世の中を作れればなあ、と
ズボンと靴に刺さったトゲを抜きながら、ぼんやり考えました。


にほんブログ村 写真ブログへ
↑↑ 尊い自然に、ポチッとお願いします^^

シリーズ:コロポックルの視点
[PR]


by inokumaphoto | 2009-11-12 23:57 | 木・花
コロポックルの視点 11 - リキッド・アレキサンドライトの間

e0150155_2143264.jpg


真っ暗な水の中に佇む小石。
コロポックル達は、その石に沢山の色を持ち寄った。
石は、虹色に輝き出す。

***

●この写真のレシピ●

・道端でガラスの破片を拾う
・お好みのCDやCD-Rに水滴をたらす。
・水滴の上に、ガラスの破片を置く

透明なガラスは虹色に輝きます。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-08-27 21:59 | 小物
コロポックルの視点 10 - 太陽つぼみの村

e0150155_22304126.jpg


ひまわりのつぼみです。
最近の涼しい気候に戸惑い、
咲くタイミングを逃してしまったのかもしれません。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-08-26 22:32 | 木・花
コロポックルの視点 9 - 薄桃色の小部屋

e0150155_21434966.jpg


昼顔の花です。
朝顔の昼バージョンといったところでしょうか。
でも、朝顔よりもマイナーで、どちらかというと雑草扱いされてしまう
ちょっぴりかわいそうな花でもあります。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-08-18 21:44 | 木・花
コロポックルの視点 8 - 三色水玉が並ぶ壁紙

e0150155_22132871.jpg


昨日に引き続き、カラフルな画像です。
種明かしをすると、これは「霧吹きで水をかけたPCの液晶ディスプレイ」です。

液晶ディスプレイは赤、緑、青の三色の光の強弱を調整して画像を表します。
水滴が赤い光の上に乗ると水滴は赤くなり、緑の上に乗ると水滴は緑に、といった具合になります。
透明な水が色水のようになるので、意外と楽しかったです。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-08-06 22:13 | 小ネタ
コロポックルの視点 7 - カラフル結露の硝子板

e0150155_2325863.jpg


今日はちょっと変わった非日常的な写真です。
自分の部屋の中で撮りました。

さて、これは一体なんでしょう?
(ヒント:最近、普及してきました)
[PR]


by inokumaphoto | 2009-08-05 23:06 | 小ネタ
コロポックルの視点 6 - 新芽の通り道

e0150155_13444472.jpg


ピントの合う範囲が極端に狭いところが、
このレンズの最大の欠点であり、長所だと思います。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-08-04 13:45 | 木・花
コロポックルの視点 5 - 蜂の巣台地

e0150155_21522624.jpg


ハチスをマクロで撮影。

ちなみにコロポックルは、アイヌ語で「フキの下の妖精」という意味。
ハスとフキ、何となく葉っぱの雰囲気が似ているなー、と思いました。
まあ、全然別物ですが。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-08-02 20:39 | 木・花
コロポックルの視点 4 - 純白が描かれた黒壁

e0150155_13215382.jpg


深いエメラルドグリーンの中で映える純白。

普段なら気にせず通り過ぎてしまいそうな、

普通の「シロツメクサ」を撮ったもの。


デジタルカメラは、受光部に当たった光の周波数を

電気信号に変えて記録しているだけなのに、

実際に見る景色とは全く違う、素敵な画を描くことがある。

もしかしたら、中に絵描きの妖精が住んでいるんじゃないのか?

***

この記事を書いていたら、マクロシリーズのタイトルを変えてみたくなりました。

「マクロダイバー」 → 「コロポックルの視点」

今後はこれで行こうと思います。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-07-29 13:32 | 木・花
コロポックルの視点 3 - 桃色の詰め草が咲く花畑

e0150155_1945262.jpg


かわいいピンクと、

さわやかな緑。


よく目をこらすと、

日常の至る所に

素敵な景色は広がっている。

***

リバースアダプターを使って、道端の草木を撮影しました。
写真は「アカツメクサ」。
メジャーな「シロツメクサ」の赤バージョンです。
ピント合わせには苦戦しましたが、
大変だった分、この写真には満足。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-07-28 19:51 | 木・花