タグ:My Favorite ( 22 ) タグの人気記事


邂逅

e0150155_1942556.jpg


都会の中で佇む静かな森で、
空に響いた遠い轟音。

ふと葉々の天井を見上げると、
隙間から一機の飛行機。


出会いなんて、大体いつもこんな感じ。


にほんブログ村 写真ブログへ
↑↑ 偶然の出会いに、ポチッとお願いします^^

[PR]


by inokumaphoto | 2009-11-10 19:43 | 風景
「こんばんは」に急かされて

e0150155_20163424.jpg


「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」。
時間によって、挨拶は変わる。
しかも、厳密に何時からはこの挨拶だと決まっているわけじゃない。
だから、挨拶はちょっぴり難しく、気を遣う。

おや、まだ陽は沈んでないけど子供達の「こんばんは」という声が聞こえる。
気さくな太陽は少しだけ早足で、月とのバトンタッチに行ったみたいだ。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-10-15 20:17 |
白き焔を纏うもの

e0150155_2265666.jpg


歳を重ねる毎に、空を見上げる機会が減ってくる。
空よりも地上を見た方が楽しいからだろうか。
それとも、空自体を忘れてしまったのだろうか。

これは、そんな人に見せてあげたい発見です。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-10-14 22:14 |
空がこんなに青いから

e0150155_22113344.jpg


本日10月8日は、大型の台風18号が日本列島を縦断し
強い風と雨で、各地に様々な被害をもたらした。

僕の住んでいる関東地方は、午前中で台風は抜けきり
午後になってからは、風はやや残ったものの
今までの天気が嘘のようにカラリと晴れた。
台風一過である。

一切の曇りのない青空に引かれて、
ちょっと撮影に繰り出す。

まさしく、台風が余計なものを全て持って行き
空の青さだけが残った、そんな印象を受けるような澄んだ空。

***

今回の写真は手抜き、っていうわけではありません。
こういった、何もない空のみを被写体にするのは、非常に難しいと思います。
プロのカメラマンは、澄んだ空の色を自由に表現できるものなんでしょうか。


こないだ、一眼レフで写真を撮り始めて一周年を迎えました。
この一年、いろいろな写真を撮ってきました。
多少は、上達した部分もあると思います。

次の一年の目標は、「間」を意識すること。
こんな感じで行ってみようと思います。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-10-08 22:29 |
お月見 3 - 朗月

e0150155_22152951.jpg


「朗月」とは、明るく、澄んだ月という意味。
この写真は、前々回の「月面」と同じく、天体望遠鏡を使っていますが
レンズの倍率が違うため、少し遠景となっています。

でっかいウサギが餅をついています。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-10-05 22:35 |
トンネルを抜けると、そこは

e0150155_21134443.jpg


道。

それは、必ずしも平坦とは限らない。
急な傾斜や、障害物もある。
光が一切届かない、暗闇かもしれない。

しかし、どれだけ険しくても、それは自分が選んだ道。
時にはルートを、あるいは自分自身のあり方を修正しなければならないかもしれない。
しかし、最後までやり遂げれば、きっと何かを掴めるものがある。
それを信じ、ただひたすら歩き続ける。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-10-02 21:19 | 街の建造物
白と黄色のランデヴー

e0150155_21353542.jpg


モンシロチョウとモンキチョウの舞。
何枚か撮った中で、被写体にピントが合っていないこの一枚が
一番気に入りました。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-09-14 21:37 | 動物
雨上がりイルミネーション

e0150155_20313761.jpg


冷たい雨が降った夜の街。

雨粒は童心に返り
木々に素敵なデコレーションをした。

負けず嫌いの街灯は
それに対抗して真珠のような光を放つ。

静かなイルミネーションパーティが始まった。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-09-03 20:37 | 風景
秋風の香りに敏感な情熱色の葉

e0150155_21175028.jpg


季節の移ろいによって、
最も影響を受けるのは空気だろう。

匂い、色、肌触りが
まるで大気が丸ごと入れ替わったように変化する。


そんな変化をいち早く感じ取ったモミジの葉を見つけた。
まるで、フェノールフタレインのように敏感に、色を変える。
その鮮やかな装いは、大好きな秋の到来に歓喜しているようである。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-09-02 21:18 | 木・花
眠気を噛み殺した悠久の翼

e0150155_19202459.jpg


もしも、永遠なんてものが存在するならば
きっと眠たくなってしまうだろう。
[PR]


by inokumaphoto | 2009-08-23 19:20 | 木・花